So-net無料ブログ作成
検索選択
読書記録 ブログトップ

大大大号泣する本 [読書記録]

「桜のような 僕の恋人」 宇山佳佑 著

IMG_20170623_112328_883.jpg


インスタグラムでフォロワーさん数名が大絶賛していたので 普段あまり文庫本は読まないのですが手に取ってみました


ストーリーはベタですよ 難病に侵された主人公の美咲とそんな美咲の事情も知らされず振られたと思い込む恋人の晴人


大まかな流れで言うと 昔の「愛と死をみつめて」みたいなかんじですかねぇ~?


24歳の美咲を襲った病とは「早老症」あっと言う間に老けていく病気・・・付き合い始めたばかりの恋人に見られたくないと 恨まれる事を覚悟で「別に好きな人が出来た・・・」と別れを告げる

美咲は勿論 美咲を取り巻く人達の感情の機微が見事に描かれていて ここにこの本の素晴らしさがあると思いました

ただのお涙頂戴ではない 微妙な気持ちの変化や言わない優しさが胸に沁みて 途中何度も中断しなくてはなりませんでした


涙と鼻水が喉の奥に詰まって 一瞬息が出来なくなってしまったからです


本を読んでいて 僅かでも命の危険を感じたのは初めての経験です


それくらい泣きました


早老症・・・私でさえ毎日衰えていく恐怖や絶望感を感じるのに 24歳の若さでこの病気になったとしたら と考えると もう辛いとか悲しいとか絶望とか言葉にすらならないと思います

ましてやあっという間になってしまうんですから・・・美咲の気持ちになると嗚咽します


最初は「何で本当の事言わないの?余計に傷つけるだけじゃん・・・」と思いましたが読み進むにつれ「言わない優しさ」に気づきました


これはかなり覚悟がいるし 強い心や相手を心底思う事が出来ないと無理ですね・・・


でも私はこの「言わない優しさ」をこれから身に付けたいと思うのです

 

教科書みたいな本に出会えて良かったです


 

 



   ↓↓↓ 見たよ[exclamation×2]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

GWと言っても…特別な事は何もない! [読書記録]


仕事の都合上 カレンダー通りでは無かったけど3連休があって 中1日休みもあって大満足なGWでした[グッド(上向き矢印)]


昨日から私の勤務はほぼ正常になり せいぜい2連休が関の山ですが 5日連勤が今月は一回なので持ち堪えられそうです[わーい(嬉しい顔)]

普段体を鍛える習慣が無いので 連勤が立て込むと めちゃくちゃ疲れてしまいます[あせあせ(飛び散る汗)] 

早番遅番もあるので それが一日づつだと尚更です ヘトヘトです

鍛えればいいんですよね[ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)][ー(長音記号1)]


GWは体を鍛えることなく(笑)お買いものやイベント 美味しいものを食べたりと 娘や友達と精一杯楽しみました


普段のお休みも予定が無い日は一日中読書もしくはピアノと 完全インドア[家]で 玄関ドアのチェーンすら外しません


朝から晩まで活字を追い 音符を追い・・・それ程までじゃないか・・・お菓子を食べながらコーヒーを飲んでみたり 気分転換に外を眺めてみたり(冬期は彼のいた山を見ていました) 一日で一冊読み切る事もあります


この連休中に読んだ本


_20170506_201328.JPG_20170506_201435.JPG



アカガミ(窪美澄 著)は2030年の話で 恋愛・結婚に全く興味を示さない若者の為に国が「アカガミ」と言う名の結婚・出産支援制度を掲げ  そこに志願して入った若者達の心のひだを軸に 人を愛する事とは?結婚とは?家族とは?といったテーマを投げかけてくる・・・と言うお話です


この「アカガミ制度」私は 非常に画期的[exclamation×2]と思ったんですよね~  私の周りのいる40代~50代の独身男性は「結婚はしたいけど恋愛は面倒くさい・・・」と言うんですねー

今さら 女のご機嫌とって 一からお互い知って信頼関係築いて・・・なんて面倒くさい・・・分かる気もします 

 ましてやお金を払って婚活するほどの元気もない・・・そんな人には持って来い(相手を選ばないなら)な制度です 生活の保障は自分達は勿論 親兄弟まで見てもらえて 至れり尽くせり その代り徹底的に管理されますが多少不自由な生活でも安定が約束されます

読み終わって… 主人公夫婦と子供は不適合とされ 施設(高級マンション並みの環境の良さ)を追われるのですが 適合者とされた子どもは国に取られるので 結果 親子三人 本当の家族になって行くんだね!良かったね!と思わせる終わり方でしたが 正直「良かったのか?」と思ってしまうほど 恵まれた環境でした

この本はもっと深い事を感じないとダメなんでしょうが 自分の老後を考えると「いいんじゃない?うらやましいぞ!!」と思いました(笑) 根本的に子どもが産めなきゃ お話にならない設定ですので比べる事自体間違っちゃいるんですがね・・・年を取った人間は何を国に差し出せば面倒見て貰えるのかな~?と思いました


「あなたが私を好きだった頃」(井形慶子 著)は 回想型の恋愛小説で 「マチネの終わりに」に似ていました

運命の様に出逢っても 思い通りにはいかない男女の機微 

物語の一説に「私は彼を好きになったのではない  恋に落ちたのだ」とありました  どう違う?と思いましたが 好きになっただけなら 思いが叶えられなかった場合 いつか忘れる事が出来るかもしれないけど 恋に落ちたら 一生忘れられない思い出になったり ずっと胸の中で一番で在り続ける人で 思い出すだけでキュン[黒ハート]となるのかもしれない


アカガミは自分から恋愛や結婚が出来ないけど与えられた相手と家族になる話で あなたが…は自ら恋に落ちたけど結ばれなかった話 老後を考えるとアカガミ派だけど 自分の中の女をクローズアップすると 断然あなたが…派ですね[わーい(嬉しい顔)]



      ↓↓↓見たよ[exclamation×2]



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

四月の魚ーポワソンダブリルー [読書記録]

エイプリルフール フランス語でポワソンダブリル(四月の魚)
もう25年以上前 友達が『ポワソンダブリール』と言う名前の喫茶店で働いていました[喫茶店] 繁華街の大通りに面していてとてもお洒落で明るい雰囲気のお店でした(今もあるのかな?)

その時に意味を知ってから四半世紀[exclamation×2] 時の流れは早いっ[ダッシュ(走り出すさま)]
今日はエイプリルフール      今年35歳になります・・・[ハートたち(複数ハート)][ぴかぴか(新しい)][キスマーク] フフフ・・・



先日 本屋大賞のノミネート作品「桜風堂ものがたり」を読みました

書店員さんの話ですが とても興味深く 仕事に対する姿勢が共感出来たり 本に対する思い入れの深さに驚いたり・・・

そんな物語の中に出てくる一冊の文庫本のタイトルが「四月の魚」 この物語も読んでみたくなる位「桜風堂・・・」のいいアクセントになっていました

本屋大賞ノミネート作品は何作か読みましたよ

暗幕のゲルニカ       原田マハさん_20170401_083430.JPG
夜行           森見登美彦さん_20170401_083456.JPG
コーヒーが冷めないうちに  川口俊和さん_20170401_083405.JPG
桜風堂ものがたり      村山早紀さん_20170401_083339.JPG

他6冊は読んでいないので何とも言えませんが 「コンビニ人間」や「蜜蜂と遠雷」は違う賞を獲得しているので これら以外の本がいいなぁ〜
もう少しで発表ですが 私は「コーヒー・・・」か「桜風堂・・・」が好き[黒ハート]

今月も沢山本を読もう[exclamation×2]

今読んでいる本は「一緒にいて楽しい人疲れる人」前回のブログにアップした通り 人付き合いは難しい・・・せめて自分が人様に嫌な印象を与えない様にしようと思い読んでます

他に「風立ちぬ」 堀辰雄さんの純文学です  純文学や名作はタイトルや著者は知っていても内容が曖昧だったり知らなかったりが多いので一つくらいきちんと読んでおこうと思いました

最近百人一首にもハマっています[グッド(上向き矢印)] 中学時代にかなり覚えた筈なのに今となっては3句くらいしか分かりません

上の句を少し読んだだけで下の句の絵札をとっていた遠い昔・・・笑

最近は映画「ちはやふる」でも話題になりましたね   千早ちはや)ぶる 神代(かみよ)もきかず 龍田川(たつたがは) からくれなゐに 水くくるとはの句とは花魁 千早大夫の事で その人の成れの果てを嘲った歌だと咄す落語「立田川」の存在を知ったのは昨日です[ひらめき]

本を読むといろいろと知らない事を知る事が出来るのでやめられません

今月はどんな本に出会うかな?楽しみです[手(チョキ)]





最後まで読んで下さってありがとうございました[るんるん]
[かわいい][かわいい][かわいい]↓↓↓押して頂けたら嬉しいです[かわいい][かわいい][かわいい]

にほんブログ村 その他日記ブログ アラフィフ女性日記へ
にほんブログ村

戻りたいか?戻りたくないか? [読書記録]

 

 

昨日読み終えた本 川口俊和 著コーヒーが冷めないうちに」

 

           _20170127_142815.JPG        

川口氏は脚本家演出家として活躍されている方だそうですが知りませんでした 

コーヒーが冷めるまでの間 過去に戻れる喫茶店「フニクリフニクラ」を舞台にした 4話オムニバス

いろんな面倒くさいルールがあったり 戻っても現在は変えられなかったり 未来も行けるけど会える保証は全くなかったり・・・

もし過去に戻れるとしたら 私は戻るだろうか?物語の登場人物は全員 大切な人に逢いたくて戻る・・・伝えられなかった言葉を伝える為に戻る

大切な人 逢いたいけど逢えない人はいる 主人に限らず 身内や友達も もう逢えない人がいる

その人達に伝えたい事もあるし 聞きたい事もあるけど 逢ってしまったらどうなるだろう?と思うと怖い

主人に逢ったらきっと 言葉なんか出てこない ましてやコーヒーが冷めるまでの僅かな時間じゃ伝えきれない

ふと 赤川次郎さんの「午前0時の忘れもの」と言う本を思い出した[exclamation×2]この本も 逢えなくなった人に逢いに行く内容だった

こちらは少し長くて1時間だったような?

 

思い出だけでは辛い時もあるけど 忘れないでいてあげる事が大切だと思う 一緒に過ごした時間をいい思い出にしておくほうがいい

物語の中では 逢いに行った人達がどんなに願っても現実は何一つ変わらないけど 生きる希望を抱いて自分が変わっていきます

それが一番大切なのですよね 

私は多分戻らないかな・・・ 

 

 

最後まで読んで下さってありがとうございました[るんるん]

[ぴかぴか(新しい)]↓↓↓押していただけたら嬉しいです[ぴかぴか(新しい)]
にほんブログ村 その他日記ブログ アラフィフ女性日記へ 

にほんブログ村


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大人の恋愛小説―マチネの終わりに― [読書記録]

昨年末 読み納めとして選んだ 「マチネの終わりに」平野啓一郎 著 

                                                  

                              

 テレビでも大絶賛されていたので ご存知の方も多いと思いますが これは正しく名作です 

40代前半の男女が織りなす 切なくも美しい物語   天才ギタリストの男性とジャーナリストの女性が 天才ゆえの繊細さ ジャーナリストゆえの正義感で お互いを思いすぎてすれ違っていく過程が哀しい・・・

ちなみにマチネとは昼公演と言う意味みたいです 

これから読みたいと言う方もいらっしゃるかもしれないので詳細は記しませんが 主人公の二人の思いが 読み手の私に伝わりすぎて かなり余韻を引きずりました 今も引きずっています[たらーっ(汗)]

年代的にも近くて 共感出来る部分もあったのでしょう  間違いなくこの先も 出会って良かった小説No.1 に居座り続けるでしょう

 

あまりにもマチネ・・・が鮮烈すぎて 新年第一弾の本を選ぶのに時間がかかってしまいましたが  昨日読み終えました

島本理生さんの「波打ち際の蛍」(2008年出版)  ナラタージュを超える恋愛小説と言われていたので気になっていました

                 _20170107_130816.JPG 

ナラタージュは主人との関係に似ていたので大号泣でした

今秋映画化されるみたいですが 葉山先生役が松潤・・・ちょっと違うんだよなぁ~と思っているのは私だけではないはず・・・?

もうちょっと線の細い 例えばディーンフジオカとか向井理とか?泉役に有村架純ちゃん  これはどうだろう??

行定監督作品 映画はあんまり見ないけどこれはちょっと気になる

年齢差のある男女の話が この二作品に共通しているところですが 「波打ち際・・・」も良かったです

もがき苦しみながら それでも求めようとする 麻由と そんな彼女を見守り待ち続ける 蛍 人間の強さ弱さが丁寧に書かれていて 一日で読めます

出来れば男女の年齢差が逆なパターンで執筆していただきたい[黒ハート] めちゃくちゃ参考になるだろうなぁ― 

 

最後まで読んで下さってありがとうございました[るんるん]

[かわいい][かわいい][かわいい]↓↓↓押して頂けたら嬉しいです[かわいい][かわいい][かわいい] 

にほんブログ村 その他日記ブログ アラフィフ女性日記へ
にほんブログ村


いやぁ~申し訳ない<(_ _)> [読書記録]

 

読書の秋じゃなくても通年読書しているのですが、最近読む本の傾向が変わってきたなぁ―

そもそも、私が本好きになったのは 小学校高学年の時に「ガラスのうさぎ」を読んで めちゃくちゃ感動した時から始まっていると思われる

思春期には陥りがちな 文学少女志向で かなり無茶をしてヘルマン・ヘッセ 武者小路実篤 太宰治etc・・・を読んだが、今 何一つ覚えていない[ダッシュ(走り出すさま)] タイトルだけかなぁ? 

20代はひたすらサスペンスを読み漁った  内田康夫さん 宮部みゆきさん は今でも読む

結婚して暫くは本を読む余裕もなく かなり長い時間本から離れていたが、5年前位から又「本の虫」復活[exclamation×2]

最近のヒットは 西加奈子さんの「白いしるし」 島本理生さんの「イノセント」 柚木麻子さんの「アッコちゃんシリーズ」や今まで絶対読まなかった自己啓発系もアドラー人気に便乗して「幸せになる勇気」「嫌われる勇気」も読んだ

そして・・・今、「ソフィーの世界」に再チャレンジ中[あせあせ(飛び散る汗)] これは、彼のブログに「本読みたい」のコメントと共に写っていたのが「ソフィー・・・」だったから と言う単純な発想[わーい(嬉しい顔)] しかぁし!これが又 メチャクチャすすまない・・・2カ月かかってやっと半分 哲学とは難解なり

たまに気分を変えないと 又挫折すると思い、ちょこちょこ読みたい本を挟むから尚更すすまない

今日から読むのは これ―――[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)] 

 

           DSCN0010.JPG

 

なかなか挑戦的なタイトルで ちょっとだけドキッとする[ー(長音記号1)] 私は「おばさん」と呼ばれる事になんの抵抗もないし、若造りして痛い中年になりたくはないと常々思っているけど、若く見られたいし、綺麗なおばさんでいたい 品性と知性を身に付けたいとも思っている

「女子」とは若い・幼い女の総称だと思っているけど、女はいくつになっても「女子」だな[exclamation&amp;question]と恋をして知った

若い時となんら変わらない・・・ 私の恋愛スタイル 一人であーでもないこーでもないと勝手に想像して落ち込んだり喜んだり

50目前になっても あの頃と変わらない気持ち・・・という事は成長していない女子魂は衰えないのどちらかだろう???

もう女子とは言えない 呼ばれない年齢だけど、そんな私達世代を女子として扱ってくれるのは60代以上のおじさましかいないけど20代30代でそれが出来る人を見ると「育ちがいいんだなぁ~」と恋愛感情が無くても株が上がる 

恋愛感情があれば、それはもう・・・[ハートたち(複数ハート)]彼がそうだったな  きっと健やかな魂を持つ親御さんに育てられたんだろうなぁ~ 

この本はまだ読み始めたばかりだから何が書かれているか分からないけど、読み終わった時どんな感想を持つか楽しみ

貴様いつまで女子でいるつもりだ[パンチ] 

私は死ぬまで女子でいるだろう[ぴかぴか(新しい)]  

 

 

最後まで読んで下さってありがとうございました[るんるん]

[かわいい][かわいい][かわいい]↓↓↓押して頂けたら嬉しいです[かわいい][かわいい][かわいい]   

にほんブログ村 その他日記ブログ アラフィフ女性日記へ
にほんブログ村


秋の夜長 [読書記録]

DSC_0564.jpg秋の夜長は読書に限る
大好きな作家さんの本とコーヒーとポテチ。最高の組み合わせ!
油で手が汚れる度ティッシュでふきふき…
本は汚したくないので、ぺージをめくりコーヒーを持つ右手とポテチを掴む左手と言う役割が出来ます。が、たまにページをめくるタイミングとコーヒーを飲みたいタイミングが合います。左手でぺーじをめくり、うっかり油染みを付けてしまう大失態。解決策はポテチを食べなければいい。
と言いながら今日もコイケヤのポテチ2袋買った
 
 
 
 


読書記録 ブログトップ