So-net無料ブログ作成

むかつく話 [イラっときた事]

職場は公共施設なので多種多様な方々がいらっしゃる


サービス業ゆえこちらの配慮が足りなくて言われても仕方ないと思うクレームもたまに受ける


こう言ったまともなクレームは真摯な態度で受け 改善出来る事はしなくては と思いますが 大半のクレームは〝愚にもつかない” ただの鬱憤晴らしです[ちっ(怒った顔)]

例えば・・・「自分が一番に入館したはずなのに何故人がいるんだ?」

心の声:「しらねーよ!お前が何番に入ったかなんて[ちっ(怒った顔)]

例えば・・・「開館前並んでいたら学生が割り込んできた 職員一人立たせて列の整理しろ」

心の声:「お前みたいに暇じゃねーんだよ 開館準備で忙しいの見て分からないのか?このバカッ[ちっ(怒った顔)]そもそも大人のお前が自分で注意しろ[ちっ(怒った顔)][ちっ(怒った顔)]

例えば・・・「僕のお気に入りの子最近見ないけど 僕と合わせないように上の人がシフト組んでるんじゃないの?」

心の声:「上の者はお前など眼中にないわ[わーい(嬉しい顔)]お気に入りの子って誰だよ それすら知らんわ[ちっ(怒った顔)]


この他にも 施設のルールを理解してもらえず 出来ない事を伝えると逆切れしたり 暴言を吐いたり そりゃぁもう言いたい放題です


そして今日・・・月に数回来る おやじ カウンターは私と例の20代

嫌な予感はしましたよ だからしっかりと目を見て「こんにちは!」と笑顔で明るく挨拶したのに・・・


「なんか声掛けてもいいんじゃないの?いらっしゃいませとか・・・これ皮肉で言ってるんだからな。口が二つもあるんだからボリュームアップすればいいだけの話でしょ?云々・・・」と延々続くのです


はぁ???言いましたけど しかもはっきりと目も合いましたよね?と思いましたが どうやら自動ドアの音と混ざって私の声も良く聞こえなかったらしい・・・と言う事は 隣の入り口側に座る彼女の声など全く聞こえなかったに違いない

このおやじは前回も 声が小さい事にクレームをつけ 彼女と一緒に座っていた人に攻撃を始めた前歴があります


そうです おやじをイラッ[ちっ(怒った顔)]とさせているのは 彼女です!!!!!

そのとばっちりを受けています  今日もおやじは「あんなんじゃ 隣にいる人がサポートしなくちゃダメだ」と檄を飛ばして行きましたが いやぁ~何十回も言っていますよ「聞こえないのは言っていないのと同じ」と


本人に言ってくれ[ちっ(怒った顔)]と久しぶりに心底腹が立って やりきれない思いをしました



  ↓↓↓見たよ[exclamation×2]


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog